滋賀の税理士 ビジョナリー会計事務所

基礎控除

基礎控除とは?

税務のことなら山本哲郎税理士事務所

 税理士による用語解説

所得税を納めている申告者すべてを対象として、一律の金額を所得金額から差し引くことができる所得控除のことなのです。

また、その控除金額のことを言います。低所得者への課税を回避するために設けられる制度であるとも言われています。

所得税,住民税,料理飲食等消費税(料飲税)に設けられており税額の計算上,一定の金額を課税標準から控除し、相続税や贈与税についても基礎控除は適用されます。

確定申告や年末調整において所得税額の計算をする場合に、総所得金額などから差し引くことができる控除の一つに基礎控除があり、基礎控除は、他の所得控除のように一定の要件に該当する場合に控除するというものではなく適用されます。

基礎控除の金額は38万円と定められています。

基礎控除の金額

・所得税:一律38万円
・住民税:一律33万円

となります。所得控除には様々な種類があり、それぞれ適応に関しては満たすべき条件がありますが、この基礎控除では納税者はすべて一律にこの控除を受けられることになっており、満たすべき条件は特に指定されていません。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional