滋賀の税理士 ビジョナリー会計事務所

個人事業主と法人の違いについて

個人事業主と法人の違いについて

私は起業をするにあたって個人で始めるか法人で始めるか悩んでいます。
それぞれの違いは何ですか?
画像の説明

税理士からの解答

まずはそれぞれの特徴について簡単に見ていきましょう

開業手続き

個人:開業届のみ提出で自分でもできる

 法人:定款や登記といった書類の作成・提出
 設立までに費用と時間がかかる

税金の支払い

個人:所得税 + 住民税 + 個人事業税条件によってはゼロ

法人:法人税 + 法人住民税 + 法人事業税 + 個人の税金
 また利益がなくても毎年約7万円~の均等割が発生

信用・責任

個人:法人に比べ社会的信用が低く、また無限責任である

法人:比較的信用が高く、また有限責任である

節税手段

個人:交際費を全額経費にできる
     欠損金(赤字)が3年間繰り越せる

法人:経営者の給与や保険料を経費にできる
 欠損金(赤字)が9年間繰り越せる

今回挙げたものは一部であってその他にも違いはありますが
詳しいことはお問い合わせ戴ければと思います

これから新規に開業をお考えの方や是非一度お問い合わせください!
個人・法人の開業でお悩みの方へアドバイスや開業の手続き、融資の相談
その後のサポートまでお手伝いさせていただきます!

まずは一度お電話ください!!

077-516-7371

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional